小さい子 引っ越し

小さい子がいる人のための引っ越し方法

 

小さなお子さんを見ながら、

 

引越しの準備をするのは大変です。

 

ベビー 引越し

 

安全でストレスなく引越ししたいと思いませんか?

 

小さなお子さんはダンボールが大好きです。
ダンボールを見ると入らずにはいられません。

 

だからといって目を離すと危ないですし、ゴミやほこりで喘息にならないかも気になります。
手伝ってくれる家族が近くに住んでいればいいけれど、そうでなけれななかなか引越し作業がはかどりませんね。

 

でも大丈夫です。

 

引越しの荷造りも新居での荷解きも、引越し業者が行ってくれるサービスがあります。

 

あなたは貴重品や他人に見られたくない荷物の梱包と、新居に運ぶ家具の配置などを考えておけば、あとはプロが手早くやってくれます。

 

気になる料金ですが引越し業者一括見積もりをすれば、簡単に相場を知ることができます。
1番安い業者を探すのにも便利です。

 

ベビー 引越し

 

お子さんが小さいときに1人で引越し作業をするのは本当に大変です。
頑張り過ぎて倒れてしまったりしないように、引越し業者を賢く利用してくださいね。

 

 

引越し業者一括見積もりは、引越し料金を抑えるのにも役に立ちますので、是非ご活用くださいね。

 

 

 

 

 

 

引っ越しの準備

 

引っ越し 準備

 

引越しは沢山することがあるので、おおまかな流れを把握しておくと無駄な動きが減って便利ですから、ぜひ一度ご確認くださいね。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

これだけでもすることがたくさんありますね。

 

引越しといえば引越し業者を決めなければなりませんが、まずは新居を決めるのが先です。
なぜなら新居にエレベーターが有るのか無いのかや、トラックを停められる場所などによっても引越し料金が異なるからです。

 

例えば道が狭くてトラックが入れないこともあるので、そうなると時間もかかりますし人海戦術となるため費用があがります。
引越し料金が正確に算出できるのは、新居が決まってからなのです。

 

次は不用品を処分しましょう。
新居に持って行ってゆっくり分別したい気もしますが、いらないものを運ぶにも費用がかかります。それは勿体ないです。
売ったり、あげたり、捨てたりとどの処分方法にも時間がかかるので、早めに動きましょう。

 

引越し2週間前になったら、市町村役場に行き市外への引越しの場合は転出届を提出します。
これを出さないと新居での手続きが進みませんので、ご注意くださいね。
役所では国民年金や国民健康保険、児童手当なんかについても手続きが必要か確認しておきましょう。

 

電気・ガス・水道などのインフラ設備ですが、これらは引越し日までの費用を日割りで精算してもらうことができます。
各会社に連絡をして引越し日をお伝えください。
市内引越しの場合は、引越し日から新居で電気・ガス・水道が使えるようになる手配をしてもらいましょう。

 

郵便物が新居に届かなくなるのは困りますね。
最寄りに郵便局に行き、転送届を提出すれば1年間は新居に転送してくれます。
その間に引越しハガキやメールで、新しい住所を友人や知人にお知らせしてください。

 

引越しの当日、荷物を運ぶのは引越し業者がやってくれます。
ただし貴重品、高価なもの、大切なもの、壊れると復元できないデータなどは万が一に備えて自分で運びましょう。
引越し業者に家具を置く場所を指定しなければなりませんので、あらかじめ決めておいてくださいね。

 

新居に最寄りの市町村役場で、転入届か転居届を提出します。
市外引越しなら転居届、市内引越しなら転居届です。
これらは引越し後2週間以内に行ってくださいね。選挙などの大事なお知らせが届かなくなりますので。

 

最後に免許証やパスポート、銀行・キャッシュカード・保険などの住所変更手続きをしましょう。
これらはうっかりすると忘れてしまうので、早めに行ってください。

 

 

引越し費用を安くするには

 

引越し 安い

 

引越し費用はできれば安い方が嬉しいですね。
一括見積もりをすれば、相場がわかったり、一番安い引越し業者を見つけることができますね。

 

しかしもっと引越し費用を安くしたいのであれば、一括見積もりに申し込む前に引越しの条件を変えてみませんか?
もし出来るものがあれば、もっと費用を安くすることができるかもしれません。

 

まず最初に、3月の引越しは避けましょう。
3月は引越し業者の繁忙期ですから、どこの引越し業者も忙しく引越し費用を安くすることがまず出来ません。

 

そして土日祝日、月末月初め、大安なども人気があるので引越し費用があまり安くなりません。
狙い目は平日です。平日の引越しは割引される可能性が高くなります。

 

また午前引越しと午後引越しなら、午後引越しの方が費用が安くなる可能性が高くなります。
みなさん朝から引越し作業を始めて、夜には落ち着きたいと思いますから、午後の引越しは人気がないのです。

 

それに午後引越しは前の人の引越しが長引いて予定よりも遅れることもあり、時間と気持ちに余裕がないとできません。
しかしその不安定な分、割引されるチャンスが高いので費用面で言うとオススメです。

 

あとは引越し業者に時間をお任せという「フリー便」も費用が安くなるのでオススメです。

 

 

引越しの費用と時期の関係

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者は3月が繁忙期です。
この時期は日本中の引越し業者がどこも大忙しです。

 

しかも昨今の物流の大変化によって、大型トラックの運転手不足が大問題となり、下手をすると見積もりすら断られるそうです。

 

もし繁忙期に引越しすることが決まった方は、早く新居の物件を探して引越し業者に見積もりを取ってきちんと契約まで済ませておきましょう。

 

見積もりで満足して放置してしますと、引越し業者が捕まらない可能性が出てきます。
3月に引越しが集中するには訳があります。

 

4月の新学期を前に新大学生や新社会人が寮に入ったり一人暮らしをするのです。
また春の人事異動で転勤となったサラリーマンの引越しも重なります。

 

とにかく新学期を前に移動する人が多いのです。
この時期の引越し費用は他の時期よりも高くなってしまいます。
引越し業者はスタッフを増員したり、残業したりするため、人件費がアップするからです。

 

もし繁忙期の引越しを避けられるのであれば、避けてくださいね。

 

 

引越しのオプションとは

 

引越し オプション

 

引越し料金は、人件費と交通費とオプション費用との合計になります。
引越し業者のスタッフにかかる費用が人件費で、トラックやガソリン代が交通費というのはわかるとして、オプション費用とは具体的にどんなものなのでしょう?

 

引越し業者の行っている有料のオプションサービスには以下のようなものがあります。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管
H盗聴器の発見

 

このように必要な人だけが選んでカスタマイズできるのが、有料オプションなのです。

 

例えばエアコンの移設です。

 

エアコンは室外機と配管で繋がれていますから、素人だけでは取り外したり取り付けたりすることが出来ません。
しかも旧居で1回、新居で1回の計2回も電気屋さんに来てもらう必要があるので手配が面倒なんです。

その面倒な手配を引越し業者が代行してくれるのが、エアコン移設のオプションサービスです。

 

ほかにもピアノは重くて大きくて、そして高価な楽器ですから、破損を恐れて扱わない引越し業者もあります。

 

オプションでピアノの運搬を依頼してから一括見積もりをしておけば、ピアノ運送のできる引越し業者を選択して見積もりを取ることができます。

 

最近は部屋に盗聴器を仕掛けられていることがあります。
心配な方は盗聴器発見サービスのある引越し業者にオプションを依頼するといいかと思います。